FC2ブログ

印刷可能なダンボール保冷箱の新提案!

こんにちは。

今日はこれで十分だし、色々工夫もしやすいしオススメ❗って言う商品の紹介です(^o^)

良くお客様から保冷箱をオリジナルで作りたいと言う相談を頂きます。

きたみ.netでも、オリジナル保冷箱として、ダンボールと上質な古紙を使用してつくった発泡シートを組み合わせた保冷箱をご紹介しております。これは、発泡スチロールの保冷箱と同じ保冷効果を発揮します。しかも発泡スチロールの保冷箱とは違ってたためる保冷箱ですので、保管スペースが少なくてすむ優れた保冷箱です。
オリジナル保冷箱

ただ、通販等でクール便を利用しているお客様の場合
クール便で発送されますよね?
そうしますと、ヤマト運輸のクール便で-15℃佐川急便のクール飛脚便ですと-18℃の輸送環境で配送されるということですので、配送中は冷凍庫の中に入っているわけです。

ということはです、お客様の商品は輸送中溶ける心配はないのでは?(゜-゜)??

そこで、こんな保冷箱を考えてみました。
簡単保冷箱④

ダンボールと良く保冷袋として利用されるミラマット(発泡シート)の角底袋とを組み合わせた保冷箱です。

ミラマットの角底袋はこんな感じになっています。
簡単保冷箱③

これをダンボール箱の中にセットして、商品と保冷材(これもお勧めは強力保冷材(-20℃・-18℃))を入れて、
簡単保冷箱①

ミラマットの角底袋の口をしっかりとテープ等で密封をして、
簡単保冷箱②

箱を閉じれば、これで保冷箱が完成です。
簡単保冷箱⑤

当然外箱は普通のダンボールですので印刷が可能ですから、お客様のロゴや商品の印刷も簡単にできますし。
この方法ですと200枚程度の小ロットから作成が可能です。

しかも、ダンボールも袋も畳んでおけば保管スペースをとりません!!

これで十分じゃないでしょうか?
だって、繰り返しになりますが輸送時は冷凍庫に入っているのですから!

今後はこちらもオリジナル保冷箱のラインナップとしてご提案させて頂きますので、もしご興味を持って頂けましたら・・・

お問い合わせください!(^○^)
包装資材のキタミ

最後まで読んで頂き、どうもありがとうございました。

よろしかったらクリックお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。