FC2ブログ

結露が気になる季節がやってきた!((+_+))

こんにちは(^o^)

今日いらっしゃったお客様。
マンションの不動産管理をされていらっしゃる方で、

「北側の部屋の部屋が寒いので畳の下にダンボールを敷いてあげたいのだが、そんな大きい板ありますか?」

と相談いただきました。
うちには1100×1800サイズの板がありますので早速そちらをご紹介させていただきました(^○^)

すると、

「押入れの湿気がひどすぎるので押入れにもダンボールの板を貼ったら効果がありますかね??」

と質問、

「ダンボールだときっと湿気を吸ってしまいますので、かえってダメなのでは??」
と答えるものの何が一番良いのか分からず、
「正直どうでしょう?プチプチの方が良いのですかね・・・???」と答えてしまいました(^_^;) 反省m(__)m

だから調べました。

まず、一番は空気を対流させること。洋服をぎっちりつめないで風が抜けるスペースを作る
そこに扇風機のようなものででも空気を送れば結露は防げる。
とのこと・・・。
理屈は分かります。
でも、寒い日に扇風機を回している様を思い浮かべたら・・・思わず震えてしまう(^_^;)
それに、そんな広いスカスカのクローゼットや押し入れって?
うちなんて家族で陣取り合戦ヨロシクっていうくらいぎっちぎちですから(゜-゜)

そこで、更に調査をすすめるとありました。

窓の結露防止にプチプチが有効だという話は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?
あっ「プチプチ」ってご存知ですよね?

ぷちぷち①

これです(^○^)
これを窓に貼ると結露防止に非常に役に立つんです。しかも寒さ防止にも。
ちなみに、できれば窓の外から貼った方が良いようです。しかもサッシのフレーム部分までピッタリと貼り付けると効果的なんです。

で、話を戻しますとこのプチプチが押入れの結露にも有効的だそうです。
結露がおきるのは、建物の外の温度と室内の温度差で室内の空気が”急激に”冷やされることが結露の原因です。
この”急激に”が一番の原因のようでして、プチプチを貼ってあげることで室内の空気と壁の間に空気層ができて、熱のつたわりが緩やかになり結露をおこしにくくすることができるということでした。

これには納得!
しかも非常に分かり易い(^o^)

補足ですが、この時大切なのは空気の逃げ道をつくらないことが重要で、プチプチを使う場合はプチプチには粒と粒の間に空気の通れるスペースがあります。これは効果を減らします。だから、貼る際はプチプチのシートの4辺を折り込んで空気の通る部分を塞ぐようにしてか壁に貼った方が効果的。
しかも壁全面に隙間なくはることが重要です。

とにかく隙間を作らないことが重要です

他にも発泡スチロールも効果的だそうです。弊社でも10mm・20mm・30mm・50mm。100mmと扱いがありますが厚ければ厚いほど効果的で、こちらも全面に隙間なく貼れば、壁が湿気に直接触れることも防げ、部屋の外の外気と中の暖気が直接触れることがないので”急激な”温度変化がおこりにくく、結露しずらい環境をつくることができますよ!

当然、全面に貼ってすき間を作らないこと!

ちなみに、うちでも扱っています(^o^)
スチロール

寒い冬がやってきます。
外は乾燥してお肌もかっさかさなのに、部屋の壁や窓はじっとじと(^_^;)

お客様のお蔭で勉強になりました。
今度いらしたら教えてあげよう!

そんな豆知識でした。
ありがとうございました。

包装資材のキタミ



コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。